趣味として音楽を楽しむ喜び

趣味はレコードで音楽を聴いていた頃のことです。

昔は、オーディオにかなりお金を掛けていました。今でもその頃のレコード板がかなり残っています。レコードに針を落とすと、聞こえてくるのは本当にいい音以外の何者でもありません。デジタルサウンドはダビングだけは非常に優れていますが、アナログ時代の音とは比べものにならないほどひどいモノです。昔、一人でレコードを聴いていると、それだけで涙がこぼれてきました。デジタルオーディオになってからは全くそんなことはなくなってしまいました。デジタルサウンドは、レコード盤にあった艶の様なモノがないのです。どんな音楽を聴いても、単に鳴っているという感じでしか聞こえてきません。これではとても趣味とは言えません。今の子供達はこんな音でしか音楽を聴くことが出来ないのですから、本当にかわいそうです。音楽は本当に良い物です。最高の趣味だと思います。

ただし、今のデジタル音ではとても趣味とは言えません。確かに、発売当初に比べてかなりいい音のする機材は出てきていますが、まだデジタルのカメラ並みにはなっていません。デジタルカメラも発売当初は誰も相手にしないほど性能は悪かったのですが、最近になりポジフィルムと変わらないほどの画質になりました。オーディオ機器の方が、デジタルに移行したのは遙かに速かったのに、未だにレコードを抜くことが出来ません。本当にいい音で音楽を楽しみたいと今でも思っています。そうなれば、またまた趣味として熱中することが出来る様になるはずです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017趣味として音楽を楽しむ喜び.All rights reserved.