趣味として音楽を楽しむ喜び

趣味に夢中になる息子を見ていて私もピアノ音楽を弾きます。

息子が音楽に趣味になった頃の事を考えると、何でも切っ掛けがあると思えてきます。それまでは楽器を弾くことも全く興味のない子でした。所が高校の頃、あるロックグループのファンになると、急にギターを弾くことに興味を持ち出し、クリスマスプレゼントに安めのアンプも付いたエレキギターを買ってあげました。それから更にそれでは不満足で良いギターを買い求める為にアルバイトもするようになりました。

音楽は単なる趣味でしたが、それからアルバイトまでするようになりました。ギターの練習は自分で工夫をして、本を見たりコードをインデックスに書き込んで暗記するようになり、ギターの上達はとても速かったと思います。その後、また、あるグループのファンになると、ピアノを弾くことにも興味が湧いて、こちらも自分で練習をして結構弾くようになりました。ピアノは娘が習っていたので、家にあったのですが、娘と息子の弾く様子を眺めていて、私もついにピアノを弾きだすようになりました。あの始まりも今考えると不思議です。どうしてあれだけ夢中になれたのか、と思います。それほど集中をしないとピアノは私にとっては難しかったです。若い頃に弾いた経験のある人は簡単だったかもしれません。簡単な数曲ばかりですが、ピアノの音楽を弾く楽しみを教えてくれたのは息子と娘だと思っています。偶に弾いていますが、一つの気分転換にとても良いです。これから新しいピアノ曲を覚えるという時がまた来るかもしれません。

Copyright (C)2017趣味として音楽を楽しむ喜び.All rights reserved.